上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最近ふと、誅仙の対人で思った事があるのでカキカキ


長くなると思うけど続きからどうぞ
※)あくまで個人的見解なので、これが正しいとは限りません
 
 
 
極稀に何で動画撮ってるの?と聞かれるんですが、主な理由は
1:反省点を見つけやすい(特に負け動画)
2:団戦参加(見学)できなかったけど、どんな状況だったのか知りたい人がいる
3:動画を撮る事でその職に興味を持ってくれればイイナー
大体こんな感じ
負け動画や操作がダメ過ぎた動画とかはUpするのを躊躇う部分は正直あるけど、それをしなかったら反省とか言っても飾りにしか見えない気がするので撮った動画はUpしてます


さて、本題
団戦(もしくは修羅)で結果だけ見るとキル数が明らかに偏るのはしょうがないことだと思います
装備や操作のレベルが同等だとしても、職の相性や職の特性で取れない事も多いです
では、キルを取りやすい条件って何だろう?

1:一撃必殺を持ってる人
例)メルのトールや鈴の雪月花や江南2、鬼のケンカ等の一撃が重いスキルを持ってる職
もしくは青のレイカのような白ダメだけで倒せる火力を持ってる人

よくあるオーバーキルとか言われるやつ。言うまでもないけどその職の決め技であることが多い


2:一撃必殺では無いが、高火力で攻撃回数が多いスキルをもってる人
例)ジオのヒレッグやバルドのスピルからのテンペスト→アドムブレイク
もしくは青の奥義や炎の炎華閃乱のような短時間に何発も叩き込む系のスキルを持ってる人

一撃必殺の次に怖いのがこれ。瞬間Pを使っていても複数相手だと倒される事がある
ジオなんか一人で削り倒すから怖い・・・いや本当に

3:P禁を持ってる人
P禁入れたらあとは殴って削り倒すだけの、ある意味一番簡単とも言える条件がこれ
ただしP禁はデバフなので、解除されたりP禁が効かない相手との相性が悪いのに注意
解除だけであれば解除される前に他のデバフを入れてP禁を解除対象から外したり、気絶魅惑を入れて解除スキルを使えないようにする等の工夫次第で何とかなる事もある


簡単に分類するとこの3つになります
大体どれかに当てはまるので、それを生かす戦い方をするとキルが取れると思います

あとおまけでもう1つ
4:天邪絶世Lv5を使う
天邪の法宝スキルです。未飛翔でも飛翔済みでもOK
天邪の怪我と言う効果が発動者攻撃力の2割(多分最大攻撃力)をダメージに毎回累積加算していきます(最大20回)
例)攻撃力1万の場合、天邪絶世後のダメージが12000→14000→16000・・・と増えていきます

なんでLv5かと言うとLv4以下は発生率が100%じゃないからです
攻撃力があるほど恩恵はいいですが、低い人でもダメージが出せます




では逆にデス数を稼がない(死なない)為にはどうすればいいか

1:無敵を使う
ダメージそのものを貰わなくなるのでこれが一番楽だと思います
ただし、無敵には回数制限があるので過信は禁物(完全無敵であれば問題ないです)
同系統として反射もありです。と言うか反射が一番理想的なんですけどねw


2:ダメージ減少系スキルを使う
青の頑健や、MP盾の様なダメージを軽減してくれる系統
これでもOKです。ただし、レイカのような白ダメは軽減対象外なので注意
また、バフ剥がし系スキルで剥がされる可能性があるのでバフは常に確認したほうがいいです


3:クリダメダウンとHPを上げる
正直これが一番大事です。高クリダメのメルや鈴の攻撃でも耐えれるようになります
クリダメダウンは職にもよりますが、師弟等込みで大体平均300~400は出るそうです
聞いた話じゃクリダメダウン600ある人もいるとか・・・((((( ゚Д゚)))))


4:スキル回避を上げて、ひたすら避ける
これも一応ありだと思いますが、やるなら1~3と併用で
スキル命中高い人も多いので、あげるなら限界まで上げる事をお勧めします
あの人は今いくつなんだろう?半年以上前に聞いた時は素で128とか言ってたけど・・・



大体こんなところです
現状全職1か2のスキルがあります。無いと思ってる人は確認してみてね
また、2については天邪絶世の怪我には通用しないので注意
※)青の頑健でダメージ減少100%以上にしていても天邪絶世の怪我分のダメージは入ります


ではノシ
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

全く気が付かなかったw

1月31日旅団戦

comment iconコメント

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。